株式相場で勝負!
株式相場で勝って資産を作る
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「自分の経験・ノウハウを活かして独立・起業を成功させる方法」
渋谷高雄の株式投資ノウハウの集大成



「自分の経験・ノウハウを活かして独立・起業を成功させる方法」












 








 








  私は大手外食チェーンに17年間勤めていました。入社当時、十数店舗のチェーン店でしたが、退職するときには300店舗近いチェーン店に成長していました。

  会社が急成長する中で、大阪証券取引所第2部に上場することができたのも、大きな経験でした。しかし、それからわずか4年10ヶ月後には、市場の変化に対応できず、民事再生法を申請する事態となりました。

  飲食業界の勝ち組と言われていた会社が、経営破綻するということは、衝撃的な出来事でした。

  17年間勤めてきて、サラリーマンとしての実績もある程度残し、会社に骨を埋める覚悟で働いていました。
  当時の私は、上場企業の開発部部長として、仕事内容も、報酬も、ほぼ満足のいくものでした。時価にして、1000万円を超える自社株も所有しておりました。

  当時49歳の私は、高校と中学に通う3人の子供を抱えており、住宅ローンも残っておりました。自社株が一瞬にして紙屑になったばかりか、職を失うかも知れないピンチを迎えておりました。

  この時点で私には、三つの選択肢がありました。
  1. 会社に残って再建に尽力する。
  2. 同業他社に転職して、店舗開発の仕事に従事する。
  3. これまでの経験・知識を活かして独立する。




 








  三つの選択肢のうち、300名いた社員のうち殆どの方は、会社に残って再建に尽力する道を選びました。

  次に多かったのは、同業他社へ転職していった人です。若い社員は、比較的転職の道が開かれており、新天地を求めていきました。

  私は、一番難しい独立・起業の道を選びました。

  何故、最もリスクの高い独立・起業の道を選んだのか?そして、多くの人が独立で失敗する中で、前職を超える収入と自由を手に入れることができたのか。

  自分の経験をお伝えしたいと思います。





 







  会社の倒産から半年後、私は不安を抱えたまま、起業しました。

  起業したいビジネスプランがあって起業したのでもなく、十分な資金があったわけでもありません。49歳10ヶ月という年齢は、それほど若いともいえないでしょう。三人の子供は、まだ、学生です。背負っているものは決して小さくはありません。

  倒産という予期せぬ出来事に背中を押されての起業でした。十分な準備をしての起業なら、自社株を売却した1000万円が起業の資金になっていた筈です。

  17年間、飲食店の店舗開発に携わってきました。300店の新規開業を立ち上げる中で、色々なことを学ばせてもらいました。立地調査の仕方、事業計画書の作り方、出店計画の策定方法、FC展開の仕方、新業態の作り方、不振店の業態転換、店舗の閉鎖、各種営業マニュアルの作り方、店舗の工程管理の仕方、各種契約書の作り方、M&Aの手法、上場までのプロセス等々。

  それなりのノウハウがあったのは事実ですが、店舗展開をする会社にいればこそのノウハウで、独立・起業した時に、収入が得られる保証は何もありません。


  永年、サラリーマンで一つの仕事に従事していれば、誰でも、それなりのノウハウは蓄積しています。しかし、そのノウハウが、独立・起業して活かせるかどうかは、全く別の問題です。
  不安を抱えたまま起業した私が、夢中で頑張ってきた結果、サラリーマン時代の年収を超えられるようになりました。毎年3~4回の海外視察旅行を実施する自由も手に入れました。





 







  これまでも、好景気・不景気は、繰り返されてきました。100年に一度と言われたリーマンショックのような極端な景気の悪化も、経験しました。

  体力のある会社は生き残ってきましたが、会社が存続し続けるのは、むしろ難しくなっています。生き残った会社も、経費削減や人件費削減など、懸命の努力をしています。

  独立・起業を考えたことのある人は多くいるでしょう。





 








 









  私はこれまでに、独立・起業に関する事で、数多くの相談を受けてきました。相談者は、初めてのビジネスで、不安を抱えています。

  サラリーマン時代の私の業務の一つが、フランチャイズのオーナー募集でした。個人と法人を合わせて200人(社)近いオーナーとお付き合いし、飲食店の開店のお手伝いをさせていただきました。

  いろんな方が応募されてきますが、加盟をお断りした方も多くいます。
  私は、独立した方の成功と失敗をつぶさに見ることができました。そのおかげで、自分自身の「起業して成功する可能性」を冷静に分析することができました。

  独立・起業を希望する人は、自分の能力に自信を持っています。
  しかし、多くの場合、その能力がプロの域に達していないのですが、本人はそのことに気付いていません。






 









  的羽 一郎(まとば いちろう)

  1953年 兵庫県生まれ。創価大学法学部を卒業後、大手住宅販売会社に勤務、その後、大手外食チェーンに転職しました。

  店舗開発部の部長として、17年間で約300店舗の店舗開発に携わる。

  退職後、独立し外食チェーンの指導をする傍ら、延べ400店舗以上の店舗開発を手掛けてきました。


  私の著作 「自分の経験・ノウハウを活かして

          独立・起業を成功させる方法」の内容を説明します。


  内容はすべて私自身の実際の経験を基に構成されています。

  外食チェーンで店舗開発部の部長として活躍した17年間。その間に、さまざまなノウハウを身につけました。

  本書は、計95ページ、446,672文字で、自分のノウハウを活かして起業し、発展させた経緯、考え方、行動などを解説しています。

具体的な内容については、以下、目次を参考にしながら説明をします。







  会社が倒産してから、起業するまでの状況を綴っています。私の置かれた状況を知っ
ていただくことで、起業してからの私の行動が、より、理解していただけると思います。



 







 
起業前に、私が、実際に検討し計画したことを詳しく解説しています。









 
何故、リスクの高い起業を選んだのか?









 
独立に際し、自分自身の資産と可能性を診断し、起業の成否を診断しました。









 
自分のノウハウ・経験からどのようなビジネスプランを考えたのかを公開します。









 
事業計画書を作る際の注意点を解説しています。









 
同じビジネスで売上に差の付く要因は何か?同業者を分析して分かったこと。







 










 
自らに課した自己管理について









 
事務所、法人の設立について









 
独立時に取った行動と想定外の結果について









 
キャッシュフローについての注意事項









 
より強い関係を築く顧客管理の方法







 











 
2年目以降、仕事の幅を広げ、中味の濃い仕事ができるようになりました。
仕事の幅を広げると、中味が伴わない事が多い中で、どのようにして充実させていったのか。









 
新しい顧客の獲得や、顧客の囲い込みにどのような手段を駆使したのか。効率のいい情報発信とは?







 







 
私の周囲にいる成功した人の仕事の仕方や、私自身が実践している事柄をまとめました。










 






 








 







  当社が不定期に主催する少人数のセミナーに割引価格(通常価格の30%引き)で参加していただけます。
  念願の独立を果たしたのに、夢破れて廃業し、サラリーマンに戻った人を多く見てきました。

  そうならないためにも、しっかりとした知識を身につけていただきたいものです。

  私の実際の経験を基に書かれた著作「自分の経験・ノウハウを活かして独立・起業を成功させる方法」を





 




 







 


本当に、価格に見合う価値はあるのでしょうか?




独立・起業でビジネスを始める際、失敗したら取り返しのつかない損失を被ります。必要な知識を得る投資としては、それほど高額ではないでしょう。





 


専門のコンサルタントに相談したらどうでしょう




  専門のコンサルタントに相談した場合、高額の相談料を請求されます。

  セミナー等と違い事前にレジュメを用意しているというのではなく、相談者の疑問に答える形で進むことも多く、必ずしもすべての事柄をまんべんなく説明してくれるわけではありません。

  そのため1回の相談で終わるのではなく、疑問が起こるたびにコンサルタントを訪ねるようになります。結果的には、高額な相談料になっていることがあります。

  人間の記憶は、いつまでも正確に覚えているものではありません。その意味でも、私の著作を手元に置いていただき、繰り返し参考にしていただければと思います。





 








 



特定商取引に基づく表示



 






詳細を見る


トラックバック
トラックバック URL
http://kybmoaku.blog72.fc2.com/tb.php/5390-8b202e1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。