株式相場で勝負!
株式相場で勝って資産を作る
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サラリーマン節税&資産形成プログラム!日本元気化計画が全国に展開しております。サラリーマン・OLの 方が抱える、年金問題、老後不安、お金の問題、保険、節約などの問題を、全く新しいファイナンシャルプランニング により解決しています。現代はやっている副業や株式投資、FXなどを考える前にお金の勉強と弊社のライフプランを 是非ご検討ください。サラリーマン元気化計画として現在全国に展開中です。まずは、無料レポートでお金と税金の 勉強からどうぞ。
【極秘DVD】たった60日でブログを10個作るだけで、 月収7万円....





サラリーマン節税&資産形成プログラム!日本元気化計画が全国に展開しております。サラリーマン・OLの
方が抱える、年金問題、老後不安、お金の問題、保険、節約などの問題を、全く新しいファイナンシャルプランニング
により解決しています。現代はやっている副業や株式投資、FXなどを考える前にお金の勉強と弊社のライフプランを
是非ご検討ください。サラリーマン元気化計画として現在全国に展開中です。まずは、無料レポートでお金と税金の
勉強からどうぞ。























サラリーマン元気化計画


この先の年収アップが難しく、30年後の貯蓄3000万など
到底無理だと将来の不安におびえている全てのサラリーマンへ


もし、これから話する
3つのことを約束する勇気がある!
と誓えるのならば・・・

30年後、友人に泣きすがられ、
どうしておしえてくれなかったんだ
と罵倒されるほど
将来資産を残すための情報を


公開しますが・・・






今、レポートが激しくダウンロードされ、
購読されています。













あなたが約束すべきことは次の3つです



約束1

日本の税法の仕組みの本質を知り、
自己防衛するほんのささいな一つの勇気



約束2

1年に1度たった一つのことを
面倒くさがらずにやること



約束3

国の奴隷にも誰の奴隷にもならないと
今すぐ誓うこと









国は面倒などみてくれません。


その証拠に日本の高度経済成長期を支えた功労者の
おじいさん達がホームレスとなり、国に切り捨てられ、
ドヤ街に転がっている今の現状がそれを物語っています。





何も真実を知りたくない、一生国に従っていれば国が


面倒みてくれるという
依存心が強い方

そして
真実を知る勇気のない方

黙ってこのページを閉じ、
絶対に見ないで下さい!


















































おめでとうございます!



まずはあなたはこの文章から目をそらさずに
現実を直視するという勇気をまず持つことに成功しました。


さらに、以下に一つでも当てはまる人はぜひ下を読みすすめてください。







現在月収が1000万以下の人


将来に不安を抱えている人


老後の収入源を今のうちから

  確保しておきたい人



国が一生面倒を見てくれるという

  政治家の甘言が幻想ではないか?

  と疑問を持ち始めた人








       
あなたがたった一つのことを知らないばっかりに損している現金



まずシビアなようですが、あなたに厳しい現実を突きつけます














たった一つ
の事を知らないばっかりに、あなたは

あなたの将来を左右するお金を失う側に立っています。

その金額は、30年後には1023万588円

にもなります。

あなたが年収400万の独身サラリーマン・OLだとしたら、
毎日積もりに積もって失っている金額です。

しかし、一日たった3分の作業と

年1回の届け出を面倒くさがりさえしなければ、

あなたはもこのお金を手にする側に立てるのです。










エピソード1   2006.6






はハンマーで殴られたような衝撃を受けた

サラリーマンとしてきちんと税金と年金を払っていれば
年金を支給されて、豊かな老後を送れる。

そんなささやかなイメージが跡形もなく
打ち砕かれたからだ。

それは、私の父との男同士の秘密の約束からはじまった。

「お母さんを頼む!」


父が肺癌で余命1年宣告を受け息を引き取る前の最後の言葉である。

慌しい中葬儀が終わり、
念の為に、母がいくら年金がもらえるか調べたときだった。
昔取ったファイナンシャル技能士2級が初めて役立った時かもしれない。

母の年金支給額月23万。私は安心した。

やっぱり国は頼りになるじゃないか。

折角だから私の年金額を調べた時

えっ?

それは開けてはいけないパンドラの箱であった。

の定年後の年金支給額月13万。


サラリーマンは一生税金の奴隷として暮らし、
老後には合法的に年金をカットされる

それが今そこにある現実だと知ったとき、全身に冷水を
かけられたような戦慄を覚えた












守らなければならないのは私の方だった。

それから私は情報を収集しまくった
なりふりかまわっていられなかった
どうすれば私の今後を守っていけるのか?











そんな時、私は一人の男と出会った。
彼はこう言った。



「稼いで収入を増やすことなど二の次だ。
 いくら収入をふやしたところで、それを

 全部税金でもっていかれるなら意味がない。
 というか正しい税金の知識がないと必ずそうなる。

 ざるで水をすくっても水はたまらないのだ。
 まずはそのざるの穴を防ぐための知識を身につけなければ。」



そして彼はこう言った。


「まずは1年に1度、税務署に行って一つのことだけ実行しなさい。

 そしてその後で、ある公的な金融機関に行きなさい。

 そうすればたとえあなたの年収が1円も増えないとしても

 30年後には1023万588円のお金がたまっている。

 逆にそれをしなければそのお金は国にもっていかれる。


 99.9%のサラリーマンはそのたった一つのことを
 知らないばかりに後者の道をたどる。


 次に、それが実行できたら、に5万だけ収入を増やしなさい。
 その方法も私が教える。インターネットを使えば造作もないことだ。

 そのお金についても、同じように1年に1度税務署に行って申告し、

 同じように手元に残った現金を公的な金融機関に預けなさい。

 そうすれば、30年後あなたの手元に残るお金は3000万を超える。

 これで、年金がたとえ1円も出なかったとしても
 あなたの老後は安泰だ。


 ネットで稼ぐ。株で稼ぐ。FXで稼ぐ。

 一気に1億稼ぐ。


 そのような目先のお金を稼ぐ方法を考えるのは
 その後でも遅くはない。


 もっと言えばそんな安易な方法はない。
 しかし、着実な方法なら私が教えられる。

 重要なのはお金をいくら稼ぐのかではない。
 最終的にいくらお金を残せるかだ。


私が師と仰ぐ学長との出会いだった。









損失と成果の数値






彼の言葉と出会って私の人生は変わりました。

私は彼の言葉通り、まず年収を増やすのではなく、
1年に1度一つのことを実行しました。


その結果、確かに年収400万で生活がギリギリだったのにも
関わらず、税務申告により、国から還付された税金約20万円

公的金融共済機関に預け、30年後には1023万588円
受け取ることができることになりました。

そして次に、月に4万だけ所得を増やすことに着手しました。

そして同じようにその所得を税務申告し、同様に
公的金融共済機関に預け、30年後には3000万を超える
金額を受け取ることが出来ることになりました。















こうなって私は初めてサラリーマンのままでいることを考え直し、
ついに独立しました。

30年後に3000万を手に入れることができるという安心保障
手に入れたわけですから、さらに自分の人生のために
もっとチャレンジしてみたくなったのです。

しかしそれ以上に、この方法をよりたくさんの人に知らせて、
一人一人の日本人が豊かな暮らしを送れることを手助け
すること。


それをライフワークにしようと誓いました。


私が実践した真実。

それは、この国のエリートたちが国民に秘匿し、

ごく一部の富裕層エリート達だけが知って
実践している方法なのです。

それは国家というものの成り立ちが国を支える資本家の都合の良いように
法律という制度を使って形作られたという経緯を考えれば

当然のことなのですが。。。










エピソード3 元同僚との再会




今まで全ての真実を白日の下に
さらすことはできませんでした...








なぜかたくななまでにこの秘密を隠し続けてきたのか


なぜなら、税法節税というジャンルは税理士に
だけに与えられた特権であり、私自身この領域に足を踏みいれ、

わざわざ買わなくてもいい反感を買い、あげくのはてに

国が国民に秘匿しておきたい一部の富裕層の人だけの
情報を公開するようなことをわざわざするような使命感など
みじんもなかったからです。

法律は弱者の味方ではなく知っている人=強者の味方

これは多くの専門家や富裕層が知っているこの国の現実ですが、
別にそれでいいと思っていました。


自分ひとりだけがその方法を使い、豊かな老後を送れれば
それでいいとさえ思っていました。


しかし、そんなとき転機が訪れます。



あるとき、前職で同僚だったある男と久々の
再開を果たしたのです。

そのときに交わした会話は次のようなものでした。


(仮称)大林さん(40) 妻●●さん(40) 長女(4歳)


「宮さん、ちょっと将来が心配になってきてね。」 


詳しくきいてみると・・・


 「最近、会社の業績もかんばしくないんだ。
  子供も4歳になるし、これからお金も掛かってくるしね。

  この先、大切な家族を守っていけるだろうか?

  なんてね。宮さんAFPもってたよね?
  ちょっとライフプランを考えるのを
  手伝ってもらえないかな?」


私は、起業にあたって、ファイナンシャル技能士(AFP)と宅建を取得したので
プライベートで身内や友人からこんな相談を受けることがあります。



せっかく取った資格なので、忘れない為にも時々、趣味の延長で相談を受けています。

そして、給与明細表を見せてもらって私は衝撃のあまり
卒倒しそうになりました。












(仮称)大林さんの会社は東証一部へ上場している企業です。
私がその会社を辞めてから3年経ちますが、大林さんの年収は

当時の私以下になっていました。

しかも大林さんの役職は、サブマネージャーに昇格していたのにも
係らずです。


まずは、ライフプランを作成するために、
基本的な3つの事をヒアリングしました。

収入状況・出費状況・リタイア後の生活希望の3つです。

その内容をまとめると以下のような状況でした。



収入について聴いてみると・・・


・ボーナスのカット
・基本給見直し
・家族手当、住宅手当、通勤手当、休日出勤手当の廃止
・社員の他の会社への出向。


さらには、希望退職者の募集をしている状態でした。

結論として・・・

現状のままでは収入をUPするのはかなり困難な状況でした。
会社の業績が飛躍的に伸びていかない限りは・・・



次に出費について聴いてみると・・・


・子供が大学卒業までの教育費や養育費で約1000万円。
・子供部屋の為の引越しによる家賃のUP
・家族の為のがん保険・生命保険代

これからますます出費が増えていく時期に入っく状況でした。

そして大林さんは気づいていませんでしたが、
出費はこれだけに収まりません。

普段社会保険料を扱っている私にはあたりまえと思っていることなのですが、実は、表面化していないもっと大きな第3の出費が待っているのです。


つまり老後の出費


彼と話をしているときに、私は凄惨を極めたサラリーマン時代の
思い出が走馬灯のようによみがえってきました。









エピソード4 凄惨を極めたサラリーマン時代






私が彼と一緒に仕事をしていたサラリーマン時代
それはまさに戦場でした。

朝9時に出勤し、終電で帰れる日はラッキー。
徹夜をして会社に泊まる日々。


徹夜で朝方まで働き、出勤時間までのほんのひと時を
泥のように眠り、また同じ日常が繰り返される。

要求される過大な仕事量。要求水準。

馬車馬のように働き、ぼろ雑巾のように会社に身をささげ、
結果、会社の業績は傾き、給与がさがっていく。

結局、得をしているのは会社の上層部だけ。
負担は全て末端に押し付けられる。

不眠不休が続き、身も心もボロボロになり、
それでも払い続けた税金や年金が
何も自分を
保障してくれないと知ったときの絶望感。


今の彼は昔の自分だ。。



私の中で何かが弾けました。


「大林さん、私にあなたのファイナンシャルプランナーを
 引き受けさせてくれないか。私は自分がやるべき
 仕事が見えたような気がする。私が今知っている真実を
 誰にも伝えずに自分だけ老後の安定を得たとしたら
 私は一生後悔する」



一人一人が老後を安心して暮らせるように、

自立するための手助けをするというライフワークが
定まった瞬間でした。









サラリーマン元気化計画 その威力とは






私は自分のライフワークの仕事始めとしてまず
彼にこの方法を説明して、実践してもらいました。


大林さんの年間の税金徴収額は、











税金合計額(所得税+住民税)は、

13万5000円+25万8000円=39万3000円


この70%が節税できるとすると・・・

27万5100円
が取り戻すことができます。









これを高利回りの公的金融機関月2万円(年間24万円)

づつ掛けて運用すると・・・













30年後は1023万円の貯蓄が形成できています。

その為に、大林さんにしてもらったことは、


・HPから3枚の届け出書ダウンロードして、10分で作成し
 税務署と都税局に郵送
・銀行で1枚の申込書を入手し、5分で作成し銀行の窓口に提出する
・毎日3分くらいの作業を行う(月にまとめて1時間でもOK)
・年度末に確定申告書を30分で作成


あとは、
来年の2月16日~3月15日の間に1回確定申告をしてもらうだけです。

結果、彼も30年後1000万以上のお金を受け取ることができることに
なりました。

次に、年収550万にプラスして月に副業で4万の収入アップ
のための収益の流れを作ってもらい
、さらにこれを同じ手順で
税務処理して、公的金融機関で運用してもらう。











公的金融機関運用表(2009年度商品カタログ試算より)










これにより30年後3043万円を受け取ることができるようにも
なりました。












しかし、これだけではありません。
さらに、この公的金融機関の凄いところは

この30年でつくりあげた3043万円を10年間か

15年間で取り崩しながら引出すことが可能です。

当然その間も利息がさらに上乗せさていきます。











上の表もとに、大林さんが手にする3034万円を15年分割すると、

受取総額は、3286万4400円(源泉徴収前)。


月額に直すと、18万2580円

この金額こそが、大林さんが手に入れた未来の安心です。


「ゆとりある老後の生活資金(夫婦2人分)」


(平成19年度「生活保障に関する調査」(財)生命保険文化センター調査より)

と比較してみると・・・






(ゆとりある老後生活に必要な月額)  (大林さんが手に入れた安心) 







いかがですか?これが彼が手に入れた30年後の生活です。

彼の喜んだ顔を見たとき、私は自分が何のために
ここに存在しているのか分かったような気がしたのです。







皆さんの疑問にお答えします。






ここまで読んでいただいた読者の皆さんありがとうございます。
いかがですか?

おいおい?何かよくわかんないけど、誰だってできるの?
何か脱税的なことをするってこと?

そんな声が聞こえてきます。

そこで皆さんの質問に一つ一つお答えしてみましょう







Q1 合法的な方法なの?







もちろんです。
脱税なんて絶対にやってはいけません。
この講座はむしろしっかりと税務申告する
方法を教える講座です。
結局、しっかりと納税するのがもっともお金を
残せる方法なのです。
問題は、しっかりした知識を持って納税申告をするという
ことです。

何も考えずに言われるままに源泉徴収として給料から
天引きされ続けた30年を送りたいか、そうでないか
その選択を今あなたは下さなければならないのです。





Q2 公的金融機関で運用するって誰でもできるの?







できます。
きちんとした手続きを踏みさえすれば。
サラリーマンでも個人事業主でも会社の社長でも
フリーターでもどんな人間でも誰だってできます。




Q3 年収400万以下なんだけどできる?







はい。できます。
ただし、将来受け取れる金額が減りますけどね。
でも何もしないなら1銭も受け取れませんから。
年収400万はあくまでもモデルケースとして
使っているだけです。





Q4 節税って不動産投資?







いいえ!違います。
不動産投資するにも、最低500万円くらいは必要になります。
こんな大金借入れるとなるとリスクもありますよね。

そもそも、年収400万以下のサラリーマンは
そんなに貯金できる余裕なんてありません。
不動産を買ってくださいという節税とは違います。
この方法は持出しゼロ円!でも可能です。













分かったよ。

サラリーマン自立化計画の手法が誰にでもできて、
すごい効果が出ることは良く分かった。

だからもったいぶらずにその方法を
早く教えてくれ。


はい。分かりました。
目をさらさずにこの情報を直視する覚悟はできましたね。


それでは、あまりの衝撃に心臓が麻痺しないように
心臓をたたいて次を読み進めてください。









税金を払わないサラリーマン






皆さん不思議に感じたことはありませんか?


最近、自分は38年間1円も税金を払ったことがない
というサラリーマンが本を出版しました。

彼がやっていることは、われわれが公開している情報を
使えば確かに可能な方法です。

年収400万の人であれば20万弱の現金が節税により
手元に残るでしょう。

まあちょっと極端な例だとは思いますし、
やりすぎの感も否めませんが。
やろうと思えば可能なことでしょう。


彼の例は極端な例ですが、

税金を払わないなんてことが
サラリーマンに可能なの?
だって会社から毎月天引きされているのだから、
税金をすでに払っているじゃない?


確かにその通り。
逆に言えばその点こそがサラリーマンが自己防衛するための
肝となる方法なのです。

給与から天引きされている税金は源泉徴収と言います。

源泉徴収率はその人の所得によって割合が違います。
所得が多ければ多いほどその税率は高くなります。

しかし、この源泉徴収は例えば年収400万の人の場合だと
400万円全額に対して税金がかかってくるわけではありません。

サラリーマンには給与所得控除額というのが決まっていて
実際には、この控除額を引いた差額に対して税率をかける
わけです。

例えば、年収400万の給料の人だと給与所得控除額は
134万円ですから、差額の266万円に対して税金が
かかってくるわけです。

ということは、年収400万で給与所得控除がもし400万だったら
差額は0円。つまり税金はとれないことになります。

簡単ですね。理屈は。現実には不可能ですけどね。

ようするに、
会社が赤字なら税金を払わなくていいのと
同じ理屈です。

売上以上に経費がかかっていて、
経費は売上から控除されるわけですから当然
税金は払う必要はありませんからね。

年収以上の所得控除が認められれば税金は払わなくていい。
まずはその原則をしっかりと押さえておく必要があります。

それをいかに実践するのか
そこが肝です。

では、そこで節税したお金を銀行に預けるのか?
バカを言っちゃいけません。

銀行の金利は旧大蔵省と日銀の結託により、銀行だけが
儲けられる低金利になっており、この傾向はこの先変わりません。

しかも、この金融危機時代において、
銀行が破綻しても守られる預金は1000万だけ。


ハイリスクローリターンとはこのことです。


だからこそ、より高金利でかつ公的に保障されている
運用を心がける必要があります。








年金以上の利回りを誇る公的金融機関






皆さんここまで読んで不思議に思いませんでしたか?


なぜ節税をした以上の金額を30年後に受け取ることが
できるのかということがです。

簡単です。
それは、そのお金を公的金融機関が運用してくれるからです。

そこでは、年金とは違い、あなたが預けたお金は
あなた以外の人には支払われません。

今、年金を受給している受給者のお金はあなたが現在
払っている年金額でまかなわれているわけで、
そこが大きな違いです。

それが30年後大きな威力となって返ってくるわけです。

銀行など、民間の金融機関と違い元本も保証されています。
公的な機関の強みですね。


一部のエリートや資産家や会社経営者は必ずといっていいほど
この制度を利用しています。

いかにこの制度がすぐれているかを知っているからです。

国は知識がある人間のみを救ってくれます。

もっと言えば、一般人では情報に触れられない、
触れたとしてもややこして分かりにくい

そういう構造にしてしまっているわけです。
頭のいいエリートたちの手によって。

悲しいですがそれが現実です。


分かっていただけでしょうか?

この方法は、所得控除制度という税法の仕組みと
エリートのみが知っている公的金融機関の仕組みを
利用してがっちりと資産を築く方法であり、
サラリーマンでもOLでも誰でも出来る方法なのです。








副業のすすめ






皆さんにはサラリーマンをやりながら副業をやってもらいます。
そして3年以内には毎月4万以上の副収入を稼いでもらいます。

ただ、副業で稼ぐ方法を教えるのは本講座の目的では
ありませんし、その点はまた別の講座でご紹介します。

ただ、副業をして1円も稼げなくても、年収400万の人で
30年後1000万以上の現金を受け取れるのがこの方法の
良いところです。


稼げればさらに受け取れる金額は増えていきます。








【レポート購読者さまの声】








●野さん(37歳)独身サラリーマン



0.効果見込み:20年で約1000万円

1.はじめ話をきいたときどうおもったか?

すごいと思った。無理なくやれそうだと思った。


2.どうしてやろうと思ったのか?

今までは、収入を上げようと思うと、
副業が本業に迷惑をかけてしまうのだけれど、
これは、本業に影響なくできるので罪悪感もなくできると思ったから。


3.できそうですか?

できそうです。


4.難しそうな点

領収書をもらう習慣をつけること。


5.私についての感想

宮田さんは、信頼しているので変な話はないと思っていた。


6.サラリーマン元気化計画

広がっていくといいなと思います。応援しています。


7.将来の不安はどれくらい解消されそうか?

やらないよりやったほうがいい。
毎月貯金するならこれをやったほうが将来の自分の為になる。


8.退職後やってみたい事?


自分の家を立て直したい。
自分家の庭でゴルフや家庭菜園でくらした。

9.その他
会社に言う前に、先にはじめてしまったので、
来年の6月までに言おうと思っています。
でも、社長にいうタイミングが悩みです。
宮田さんの説明を受けて問題ないとは思っていますが、
何分、社長が気分屋なもので。

10.3万円の投資は高いか?

所得による。が、自分の場合は回収できるので安心。











●森さん(40歳)既婚サラリーマン



0.効果見込み:20年で約2200万円

1.はじめ話をきいたときどうおもったか?

そんなやり方が本当にあるのかと想い、
まずは、嫁に相談しようと思った。

2.どうしてやろうと思ったのか?

嫁に相談して、嫁が
「よくわからないけど
節税できて、持ち出しがなくてプラスアルファになるんらやったら、
やらない理由がないんじゃないの?」
と言われたから。


3.できそうですか?

マニュアルも分かりやすかったし、
いろいろ説明してもらったので、
これだったら自分でもできると思った。


4.難しそうな点

どのくらいの経費が計上できるのか?
イメージがもちづらい。
副業の売り上げがほとんど
上がっていなけど大丈夫かなと思った。


5.宮田についての感想

いつも元気で、まじめなので安心した。
騙す人じゃないでしょう。


6.サラリーマン元気化計画

伝え方が難しいけど、
うまく伝わったらみんなやるだろうな。


7.知らない人対して

私のように給与がさがっている人には、
このやり方は、絶対取り組むべきだと思う。


8.将来の不安はどれくらい解消されそうか?

いろいろ知ってしまったので、今はまだ不安のほうが大きい。

9.退職後やってみたい事?

サラリーマンをリタイアした後も
趣味の延長線上で継続してできる
今の副業を続けていきたい。

10.3万円の投資は高いか?

いったん3万円の持ち出しがあるけれど、
すぐ取り戻せるので安いと思う。











●林さん (30歳)独身 会社役員

0.効果見込み:30年で約2500万円

1.はじめ話をきいたときどうおもったか?

したいと思った。

2.どうしてやろうと思ったのか?

給与明細の支給額と手取りとを見ていて
常々税金が高いと思っていたのだが、
合法的な良い方法があるのなら挑戦してみようと思った。

3.できそうですか?

まだはじめたばかりでわかならいけれど、
ここまではなんとかなってそう。


4.難しそうな点

税務署とか普段行かないので、
手続きが難しそうだと思った。
経費管理は、宮田さんの会社に
代行もしてらっているので苦にならない。


5.私についての感想

知らない人じゃなかったので平気かとおもった。


6.サラリーマン元気化計画について

勤め先の会社にも、今後いろいろ提案してもらう予定。


7.知らない人対して

友達にも紹介して、やっている人もいる。


8.将来の不安はどれくらい解消されそうか?

不安ははじめから特になし。


9.退職後やってみたい事?

お金をたくさん貯めて、
投資者になって、いろんなビジネスに投資したい。


10.3万円の投資は高いか?

マニュアル代だけではなく、
コンサル代も払ってフォローしてもらっているけど、
それでも、やれば戻ってくるので高くないと思う。




































































































【21年度確定申告成果】(期間2010.2.16~2010.3.15)

はやくも成果続出中!

●森さん(40代:男性サラリーマン)年収500万代
(所得税率5%,住民税率10%)

サラリーマン節税&資産形成プログラム実践(10ヶ月)


【節税効果】平成22年2月25日還付
所得税(5%):149,600円
住民税(10%)節税予測:149,600×2=299,200円



第2号者
田中さん(仮称)(30代:男性サラリーマン)年収900万代
(所得税率20%,住民税率10%)

サラリーマン節税&資産形成プログラム実践(5ヶ月)

【節税効果】平成22年3月15日還付
所得税(20%):410,580円
住民税(10%)節税予測:410,580×1/2=210,290円

その他保育費用にも効果。



第3号者
Kさん(30代:男性サラリーマン)年収500万代
(所得税率5%,住民税率10%)

サラリーマン節税&資産形成プログラム実践(わずか2ヶ月)

【節税効果】平成22年3月15日還付
所得税(5%):18,600円
住民税(10%)節税予測:18,600×2=37,200円
その他保育費用にも効果。


第4号者
Hさん(30代:男性サラリーマン)年収500万代
(所得税率5%,住民税率10%)

サラリーマン節税&資産形成プログラム実践(たった1ヶ月)

【節税効果】平成22年3月18日還付
所得税(5%):5,300円
住民税(10%)節税予測:5,300×2=10,600円
その他保育費用にも効果。


第5号者
Uさん(30代:男性独身サラリーマン)年収600万代
(所得税率10%,住民税率10%)

サラリーマン節税&資産形成プログラム実践(6ヶ月)

【節税効果】平成22年4月16日還付
所得税(10%):84,000円
住民税(10%)節税予測:84,000円



第6号者
Sさん(20代:女性独身OL)年収300万代
(所得税率5%,住民税率10%)

サラリーマン節税&資産形成プログラム実践(わずか3ヶ月)

【節税効果】平成22年4月15日還付
所得税(5%):16,550円
住民税(10%)節税予測:33,100円




第7号者
Hさん(30代:男性独身サラリーマン)年収780万代
(所得税率20%,住民税率10%)

サラリーマン節税&資産形成プログラム実践(7ヶ月)

【節税効果】平成22年4月21日還付
所得税(20%):413,200円
住民税(10%)節税予測:413,200×1/2=206,600円



第8号者
Kさん(40代:男性独身サラリーマン)年収500万代
(所得税率5%,住民税率10%)

サラリーマン節税&資産形成プログラム実践(2ヶ月)

【節税効果】平成22年3月10日還付
所得税(5%):120,500円
住民税(10%)節税予測:120,500×2=241,000円


【推薦文】






株式会社維新ネット

代表取締役 川島 修


宮田さん・・あのレポート・・感動してしまったのですが。。

すごすぎます!
私が毎日毎日考えていたことが、いきなり「完成形」となって
現れました。。。

そもそも、お金を稼ぐことは誰にでもできることでは
ありません。

しかし、サラリーマンとして固定給をもらうことは誰だって
毎日しています。
そのサラリーマンがサラリーマンであるだけで
誰でも法的に資産形成できる仕組みが昔から用意されている
ことに私は衝撃を受けました。

私は再現性を重視します。

再現性とは、特別な人ができるノウハウではなく、
【誰でも】【決められた通り同じことをすれば】
【同じように成果が出る】ことです。


そういう意味で、サラリーマンという日本人の比率の中で
最も多い人たちが、固定給さえもらっていれば、
誰でも同じように成果が出るわけです。

再現性という意味では最強でしょう。


そういうわけで、このことを宮田さんから教えてもらった私は
その次の日には申し込んでいました。

そして、これを社内に奨励するために社員全員にこの方法を
伝え、今では社員全員が実践しています。

私は推薦文は基本的に書かないのですが、
本物であるこのサービスについては例外です。

本物はお金を払って買うことをおすすめしますよ。











茶話本舗(介護施設)2店舗経営

代表取締役 田中 義男(仮名)



今、介護事業所を2店舗運営しています。
50名強の高齢者やそのご家族さんとと接していますが、
やはりお金で苦労されていますね。

大企業で40年近くがんばってきて、退職金を老後資金にあてる
予定だったが全くあてがはずれてしまった…。
全く老後の設計、心配をしていなかった…。

また本人も大変ですがご家族の負担は金銭・体力・精神ともに
非常にプレッシャーがかかります。

お金が全能ではありませんが、今の世の中多くのことはお金で解決します。
早いうちにリタイア後のことを考えて、資産形成をしなければ
自分だけではなくまわりの人々へも迷惑をかけると
いうことを毎日ひしひしと感じていました。

そんな時、もと同僚の宮田さんと数年ぶりに出会いお互いの近況を話をしました。
日本を元気にするためにセミナーや執筆など様々な活動をしていることをきき、
驚いたとともにその本気度に感動しました。

上記のことを考えていた私にとってこの内容は手間をかけずに
確実に資産が形成されるということで非常に興味深く
すぐに申し込みをしました。
資産形成のための準備はできました。まずは守りを固められたと思います。














【第1回サラリーマン元気化計画!セミナーアンケート結果】

                    (2010年1月23日開催:アンケート回収24人/参加者25人)





Q1.本日のセミナーの内容で元気が出ましたか?

(=参考になりましたか?)







A1.大変参考になった。







(40代男性 会社員)今までほとんど知らない事ばかりだった。サラリーマンだけが損をしているしくみがある事がわかった。工夫次第で資産を作れるのだとわかった。


◆将来の資産形成についてこのような方法もあるのかという事で参考になりました。(30代男性 会社員)



(30代男性 会社員)知っている知らないかの差を痛感しました。


◆副業をすすめられていた意味と、開業届を出すメリットがかわったから。そしてそれが節税につながる事がわかった事、これが大きな収穫です。(40代女性)


◆普段生活しただけでは知りえない情報だと思ったから(30代男性 会社員)



(50代男性 会社員)レポート、マニュアルをダウンロードして読んだが、いまいち良く分からなかった。今日のセミナーでマニュアルに書いてあることが大分わかってきた。


◆国民年金もサラリーマンが肩代わりしているなど知らなかった事も多かったので。(?)


◆知らなかった税金等の知識がつきました。(30代男性 会社員)


◆知らなかった事が多く知れたからです。(30代男性 会社員)


◆税金の仕組が良くわかった(40代男性 会社員)






A2.まあまあ参考になった。






◆税金の仕組みが知れた(●代女性 会社員)



(40代男性 公務員)具体的にどうやって節税すればよいかわかったから。



(30代男性 会社員)サラリーマンも、行動に移せば、資産運用を出来、将来に安心ができる。(30代男性 会社員)






A3.ふつう


◆基本的な部分は本で読んだことがあるから。(50代男性)





Q2.宮田の話の印象はどうでしたか?















A3.理解できたし、信頼できると思った。







◆真剣さが伝わった(30代男性 会社員)



(30代男性 会社員)信頼に値するデーターを元にセミナーをされていたと思います。また、現在の制度の活用で資産形成、節税と言う点ですね。


◆夢物語をしているかわけではなく、事実をのべているから(30代男性 会社員)



(40代男性 会社員)HPの無料レポートの内容がより判り易く、解説されていたから。


◆将来の資産形成についてこのような方法もあるのかという事で参考になりました。
(30代男性 会社員)


◆態度が良く、皆のことを考えているような印象を受けた。計算式等も正しいものであること
が認められた。(30代男性 会社員)


◆副業をすすめられていた意味と、開業届を出すメリットがかわったから。そしてそれが節税に
つながる事がわかった事、これが大きな収穫です。(40代女性)


◆途中からの参加でしたので最初から話を聞くことができずに残念でした。
(30代男性 会社員)


◆講義とメールとで、内容をあたらめて確認出来熱意は伝わってきた。
(30代男性 会社員)


◆PP(パワーポイント)が分かり易かった。(30代男性)


◆私が知っている範囲のことだから(40代男性 会社員)


◆基本的な知識は本で読んだことがあるから(50代男性)













A4.分かり易く誠実で信頼できると思った。








(●代女性 会社員)リスクもちゃんと教えてくれたので。



◆誠実さ(50代自営業者)



(50代男性 会社員)つまり、サラリーマンに特化した節税に関するファイナンシャルプランニングという理解が出来た。


◆私と同じ普通の(身近な人に感じられたから)(?)



(40代女性)説明の仕方が一生けん命でしたし、気取ってなくて、本当に知らない人たちに知って、実行してほしいという気持ちが伝わってきた。セミナーの進行って時間半分難しいですよね。回を重ねれば大丈夫ですよ!


◆リスクの説明がよかった。(40代男性 会社員)


◆的はずれな事はいっていないから(30代男性 会社員)


◆話し方や内容でそう思いました。(30代男性 会社員)





Q3.自分の将来に自己防衛は必要だと思いますか?








A1.このままではまずいと強く感じた。




(30代男性)今までも何かしなくてはと思っていたのでとても参考になった。






◆現在、ボーナスカット、残業代カットなど収入減となっているため行き先不安
(30代男性 会社員)



(40代男性 会社員)知らずにやらすに年を重ねて後であわてても後の祭りだと思った。


◆年金の事はわかっていたし、年収も下がり、夫の会社も行き先が不安なので・・・
でも方法は節約することと、副業することまではわかっていたけれど、それも現実的ではなく
不安だった。少し道が見えてきた気がする。あとは、自分が将来のためにどれだけ頑張るか
(40代女性)


◆今まで、自分では何もした事もないし、明細(給与明細)もろくに見た事もなかったから。(?)


◆自分のが住んでいる国がヤバイと思った。(30代男性 会社員)



(30代男性 会社員)1日でも早く始めたい。



(30代男性 会社員)サラリーマンは、損であると思ったから。年金も65歳でもらえるかが?であるので


◆退職後に年金はもらえると思うが、今より少なくなるのは確実である。そのための収入源と年金
をもらい出すまでの資金を確保しなければならない。そのために具体的な計画と行動をしなくて
はならない。(40代男性 公務員)


◆再認識できた。(30代男性)








Q4.自己防衛策としてのサラリーマン節税&資産形成

プログラムをどう思いましたか?









A1.すばらしいと思う。







(50代男性 自営業者)今まで知らなかったのでよく理解し、サイトにのせたいとも思う




(40代女性)もう少し時間があったらよかったと思う。今まで色んな事を知らず、会社まかせで無知だったので、勉強したい気持ちになった。



(30代男性 会社員)損益通算、開業届、現在の制度を活用して節税する点。心理的な面もお話されていたのがよいと思いました。



(50代男性 会社員)FXや株などとちがってあやしくない。


◆ただの貯蓄よりも有効的と思う(40代男性 会社員)





Q5.上の質問で1か2を選択された方にお聞きします。

プログラムの内容は自分にとって効果があり、活用できるもの

だと思いましたか?自分の将来に自己防衛は必要だと

思いますか?









A1.すぐに活用でき、効果も期待できる








(40代女性)これはやるべきだと思います。損し続けるのは嫌ですから


◆将来独立したいので実践すれば会社勤めをしながら自衛できる(30代男性 会社員)



(30代男性 会社員)今日の内容がとても良かったので!


◆現在行っている。事業の進化が可能である。(50代男性 会社員)


◆やってみないとまだ何とも言えないが(30代男性 会社員)








最後に感想を教えてください!




(30代男性 会社員)セミナーに来て良かったと思う。今まで知らなかった事も知れて、今後、自己防衛をしていこうという気になった。



(30代男性 会社員)非常に勉強になりました。ありがとうございました。すぐ実行したいと思いました。



(●代女性 会社員)第1回目のセミナーお疲れさまでした。



(40代男性  会社員)元気を与えてもらいました。ありがとうございました。宮田さんはとても誠実な方だと感じました。



(?)最初、1回目なので多少バタバタもしていましたが、熱意伝わりました。また関わらせて頂きたいと思います。



(30代男性 会社員)遠方の為、途中からの参加でしたが、参考になりました。



(40代男性 公務員)自分がサラリーマンか自営業であればすくにでも取り組みたいが、今は難しいと思う。しかし、いずれは退職する時期が来るのでその時は、取組みたい。又、公務員でも利用できるのであればその方法を教えていただきたい。



(40代男性 会社員)メインの話をしりきれにならないようにしてほしい。自己紹介はしりきれでもいいが、どっちをききたいかといえば自己紹介じゃなくてメインの話ですから



(40代女性 フリーター)良いセミナーでした。私はフリーターな為、どう確定申告をすれば良いのかどう勉強すれば良いのかわからず悩んでいました。こういった本や情報が良いというもがあれば紹介していただきたいと思います。時間のつごう上あまり書きこめませんが今日はありがとうございました。



(50代男性 会社員)これからも、多くのサラリーマンを元気にして下さい!!



(40代男性 会社員)副業の損が合算出来る事が判り良かったです。HPメールでは色々情報を頂いておりましたが、アフィリエイト商材には不安がありました。しかし、今日の講習会でその不安がなくなりました。ありがとうございました。



※第2回目以降は3000円になっております。

(50代男性 会社員)大変有意義な時間であった。1050円は安いと思う。もっと皆にも広めたいと思う。



(40代女性)まよって、来てよかったです。プログラムは、お金の問題と夫のせっとくの関係ですぐには難しいと思いますが、ちょっと確定申告の事やお金や税金の勉強をしてみたいと思います。このプログラムとの出会いが私にとって大きな出会いで意識が変わりました。もしお世話になるタイミングがきた際には、よろしくお願いします。



(30代男性)内容は良いと思う。運営方法を少し改善すれば、このセミナーを有料にしても良いのではないでしょうか?(すでに有料だったらすみません)















【Q&A】







Q.誰でもこの節税をできますか?


A.ほとんど全ての方はできます。
ただし、副業の規定がきびしい公務員や金融業にお勤めの方は
会社に予め確認をとったほうが良いかもしれません。
それをしなければ、この方法を実践した時のリスクがあります。










Q.節税したら効果は確実なんですか?

A.
国の節税のルールに乗っ取った方法なので、
マニュアルに書かれていることを着実に実践し続ける限り、効果はでます。










Q.専業主婦ですが、この方法を活用

できますか?

A.
あなた自身は、活用できないと思います。
夫がサラリーマンをされているようであれば夫には活用できます。
夫婦で協力して行えば、独身サラリーマンの方よりもさらに楽しく、
簡単に行えると思います。










Q.脱税にならないの?


A.
マニュアルに乗っ取って行えば、脱税にはなりません。
ただし、確定申告時に、担当者との副業の見解の相違から
拒否される場合があるかもしれません。

その場合でも、脱税で罰金と言うことにはなりません。
見識の不一致なので、担当者にしたがって
申告書を訂正すれば終わります。

また翌年は、マニュアルにしたがって確定申告書を作成し
提出すれば大丈夫です。

前年拒否されたのはただ単に見解の相違ですから、
翌年は関係ありません。










Q.節税って不動産投資ですか?


A.確かに、不動産投資の節税は3・4年前は盛んでしたね。
しかし、少なくても500万円くらいは投資しなければなりません。
そう言った意味では、リスクも高くなります。

そもそも、500万円も貯蓄できていれる人がどれくらいいるでしょうか?

このサラリーマン節税&資産形成実践マニュアルは、
そのようは、1部の人だけの不動産投資ではありません。

今のサラリーマンとしてのライフスタイルは変りません。
職業もかわりません。
やって頂くのは、役所などへの書類を4通書いて頂くだけです。
加えて、何か一つ実益につながる趣味を始めてみてください。
例えば、ブログで日記をはじめるのもよし。
まずは、それだけで十分です。










Q.役員や社長でもできるのか?


A.もちろん、できます。国が認めている副業とは何かをしっかり
踏まえておけば、たとえ会社を経営されていたとしても可能です。










Q.副業が上手くいかなかった場合は

どうなるのか?


A.旨くいかず赤字でも、節税効果はあります。
副業で使った経費をしっかり管理してください。

なんでも最初から上手くはいきません。
気長に考えて、楽しく続けていきましょう。










Q.副業なんて許されるの?


A.法律的には、会社が雇用者を就業時間以外で拘束することはできません。
ですから、基本的に副業はどの会社でもできます。

とは言っても、会社との関係がおかしくする事はおすすめしません。
マニュアルに載っているような方法で、ちゃんと確認をとる事をお勧め
します。

厳しく副業を禁止している会社は、顧客の個人情報を取り扱っている
場合がほとんどです。社員が顧客情報を不正に利用して、情報の
漏洩を恐れるからです。ですから、銀行などの金融業は、保険会社、
公務員の方などは副業は厳しいかもしれません。

企業が副業を認めざる得ないよくある例を一つあげてみます。

例えば、ある人が田舎から都内に出てきて就職したとします。
そして、何年かして、実家の両親が亡くなってしまいました。

そのサラリーマンは、実家を誰かに貸しました。
結果的に、このサラリーマンは、副業をする事になってしまいました。

企業は、こんなことで首にできるでしょうか?
そこで、表向きにはできませんが、副業を認めることにしました。

こういうことは、特に珍しいことではありません。とは言え、
やめてもらっては困る人材になっておくことが一番かもしれませんね。









Q.リスクは本当にないの?



A.これまでのQ&Aからもお分かりのように基本的には、
リスクはありません。ただ1つあるとすれば、今の勤め先を辞める場合に、
失業手当てを受けられなくなる可能性があります。

その場合には、辞める前に、その時点までの資産形成額と失業手当てを
比較して判断してください。

もし、失業手当の金額が高いようであれば、一旦この方法の実践をストップし
て、再就職が見つかり落ち着いてから、再びこの方法の実践を再スタートさせましょう。









Q.本当にこの商品に1万9800円の価値

があるの?



A.あります。だって考えてみてください。

あなたが400万の年収だったとして、わずか3万円の投資で
30年後1000万円がもらえるかもらえないかが変わるわけです。
これ以上の投資があったら私が教えて欲しいくらいです。









あなたがこれから手に入れる現実









1、国に頼らず
年金が破綻してもしっかりと

  老後のための
蓄えを築ける現実



2、今の年収が変わらなくても現実に30年後

  もらえる
現金が増える現実



3、サラリーマンとしての所得が上がらなくても

  それ以外の収入の道を増やし、
わずか月4万

  所得
を増やすことで、30年後、3000万の現金

  を手に入れる
ことができる現実


4、何よりも日々の精神的安定プライスレス
















【商品内容】





サラリーマンにもあった!

あなたも未来を変えられる!

節税&資産形成実践マニュアル

  (本編211ページ+特典18ページ 合計229ページ)


~サラリーマンを続けながら税金地獄から脱出する方法~


第1章 基本編

1.あなたに待っている天国と地獄の別れ道
2.15年後に年収の半分が税金に持っていかれる時代とは?
3.あなたの将来の年金っていくらもらえる?
4.そんな世界からの脱出の方法とは?


第2章 サラリーマンにもできる節税

1.これだけ押えれば簡単!節税のしくみ
2.たったこれだけやれば、年収400万で毎年24万円の節税術

第3章 副業のすすめ

1.月4万円稼げれば、3000万円の資産が形成できる副業のなぞ?
2.会社と円満関係で副業をする方法とは?
3.節税から見た副業とは?月売上1円は副業なの?
4.どうせやるなら国が認める副業をしよう。
5.副業初心者のサラリーマンが選ぶべき副業とは?

第4章 あなたの将来を支える公的金融機関

1.国の資本出資100%の公的金融機関の安全性とは
2.年60万円が3043万円になる、最高年利3.35%の秘密。
3.普通のサラリーマンがこの公的金融機関に加入する方法

第5章 実践編

1.税務署・公的金融機関の手続きと書類の書き方
2.1日3分でできる経費管理の方法
3.30分でできる簡単確定申告書の作成方法

第6章 Q&A




                            ※画像はイメージです。










※90日以内の返品保証をお付けしております。
※さらに!確定申告しても節税できなかった
場合の返金保証もお付けしております。   





●返金対象となるもの
購入して実行したにも関わらず、節税できなかった場合はマニュアル購入時の価格で全額返金を致します。
●返金可能な期日について
返金期間は購入日から90日間とさせて頂きます。

確定申告しても節税できなかった場合の返金期間は購入年度の確定申告最終日の翌日(翌年3月16日)までとさせて頂きます。

なお、マニュアル購入後実践が遅れた為に、最初の確定申告が次年度になってしまった場合には、次年度の確定申告最終日の翌日(翌々年3月16日)までと致します。それ以降の確定申告しても節税が出来なかった場合の返品は、お受けできませんので予めご了承ください。

※万が一本マニュアルを購入して実行しなかった方の返金は一切お受けできませんので、予めご了承下さい。

●返金方法について
下記の返金申請方法に従ってメールをお送りください。
3営業日以内にご指定の金融機関に購入代金をお振込みいたします。
-返金申請方法-

あて先:japan-genki-project☆live.jp (☆は@にしてください)
件名:サラリーマン節税&資産形成実践マニュアル返金申請(あなたの名前)
本文:
・あなたの名前
・メールアドレス
・購入日
・返金先口座

※ダウンロードした商品を返品する必要はございません。









もう少し詳しい情報が欲しい方!限定300名様11月30日まで!
今すぐに12800円の有料レポート&メールセミナーを無料でゲットする!!
さらに、有料動画セミナー(3150円)も限定無料公開中!





  
  




※イメージ図です。サラリーマン節税&資産形成実践マニュアルではありません!








無料レポート&動画セミナー応募用登録フォーム




下記に必要事項をご入力の上、ボタンを押してください。
*登録いただいたメールアドレスに無料レポートと無料動画セミナーURLを
お送りしますのでアドレスは正確にご記入ください。
★17秒後にあなたのメールボックスにレポートが届きます!!★







苗字(必須)





メールアドレス(必須)


*注意!:yahooメールを使うとメールセミナーが届かない場合があります。
メールセミナーは、全講座20回の内容が定期的にメールで届くようになっています。
ぜひ、普段お使いのアドレスでご登録いただければと思います。

























今、あなたが毎日失っている現金の金額









これから日後に
あなたが失っていく金額 円

あなたが 5年後に失っている金額・・・・・・・・・円
あなたが10年後に失っている金額・・・・・・・・・円
あなたが20年後に失っている金額・・・・・・・・ 円
あなたが30年後に失っている金額 30,436,000円












あなたにこれからふりかかる危機








私が今発信している情報をまったく知らずに

これから始まる不透明な時代に突入したこと

を想像してみてください。

あなたはきっとゾッとすることでしょう。


今から話す情報を目をそらさずに

直視してください。

きっと、悪寒と戦慄があなたの全身を

貫くことでしょう。。。。







国家のエリートの格好の財布となっているサラリーマンの現実









このままだと、あたなのようなサラリーマン・OLは今後ますます
税金の奴隷になっていきます。

今計画に上がっているものだけでも・・・

所得税・住民税の増税、消費税の増税、年金の減額、年金支給年齢の延長、医療費の負担割合のUP、配偶者控除の廃止、特定扶養控除の排除、給与所得控除の減額・・・などなど

結果として2025年これから15年後には、あなたの年収の半分を
徴収しないといけない計算です。













しかし世の中には、サラリーマン・OL以外にもさまざまな人達がいます。
自営業者、農業者、政治家、フリーター・・・などなど

なのになぜサラリーマン・OLだけが、こんなに将来に
希望をもてない世の中になっていくのでしょうか?



もし、あながた税務申告を一度もしたことがなかったとしたら、
あなたは負け続けている立場かもしれません。

だって、所得控除できるはずのお金を毎年毎年そのまま
国に払い続けているわけだからです。

経費が使えるのは何も会社の役員だけに認められた
特権ではありません。

こんなドラマを知ってますか?

ドラゴン桜

以下は阿部寛さん演じる東大卒業弁護士先生が
体育館に勉強しない落ちこぼれ生徒を全員集めて
壇上から言ったのセリフです。







先生 

「社会にはルールがある。その上で生きていかなきゃならない!」
「だがな、そのルールってやつは、すべて頭の良いやつが作っている。」

「それはつまり、どういうことか?」

「そのルールは、すべて頭の良い奴に都合

 の良いように作られているってことだ!」


「逆に都合の悪いところは、分からないようにうまく隠してある。」
「だがルールに従う者の中にも賢い奴は、そのルールをうまく利用する。」

「例えば、税金!年金!保険!医療制度!

 給与システム!」


「みんな頭の良い奴が、わざと分かりにくくして、ろくに調べもしない頭の悪い
奴から多く取ろうという仕組みにしている。」

「つまり、おまえらみたいに頭を使わず

 面倒くさがってばかりいる奴らは、

 一生だまされて高い金払わされ続ける!」



生徒

「そりゃそうかもしんねいけどさ・・・仕方ねえじゃん」


先生 

「賢い奴は、騙されずに得して勝つ。

 馬鹿は、だまされて損して負け続ける。

 これが今の世の中の仕組みだ!

 
 だからおまえら!騙されたくなかったら、

 損して負け続けたくなかったら、

 お前ら勉強しろ!」



これって単なるドラマの中のセリフじゃないんですよ。










サラリーン・OLに厳しい世の中になぜなっていくのか?



その答えは、私の本業のテリトリーである社会保障制度の状況を考えれば
簡単に理解できます。


では、社会保障制度っていったいなんだ?

と思う人もいるとおもいますので、簡単に説明します。
社会保障制度にはいろいろありますが、
あたなのようなサラリーマン・OLの生活に関係してくる
主なものは次の3つです


1.病気をしたときの国が負担してくれる金額=医療保険制度
2.体が動かなくなったときに介護をうけるときに国が負担してくれる金額
  =介護保険制度

3.65歳を超えた時または稼ぎ頭が死亡した時に、生活のために国から
  貰える金額=年金制度・遺族年金制度



この中で、あなたのもっとも大きな関心はもちろん、
3番目の65歳を越えた時の、老後の生活費である年金制度なわけです。

そして、この3つの社会保障制度の為の財源が不足しているわけです。


じゃあいったいいくら国にはらっているのか?


では、あなたは、あなたが汗水出して働いた稼ぎから、社会保障制度を
支えるための、第2の税金といわれている社会保険料をいくら払っている
のでしょうか?











年収400万円のサラリーマン・OLだと合計額は年間52万8000円くらいです。
実にあなたの給与額面金額の13.2%になります。

「えっ!こんなに払っていたのか」

と思うのも当然でしょう。
しかし、実際には、さらにこれに加えてあなたの会社がさらに同額の
13.2%を負担しています。
すなわち、あなたの年収が400万円だとしたら、
あなたと会社の負担分あわせて、実に約108万円が社会保障制度を支えるために
徴収されている事になります。

ちなみに今後15%までUPしていくこともすでに確定しています。


では、なぜ財源不足なのか?


主に2つの事が重なって、悪循環が起きています。

1つめは、少子高齢化
2つめは、未納率の増加


1つめの少子高齢化は、簡単に言うと・・・
少子高齢化で社会保障制度を支える人が減り、社会保障制度を必要とする人
が増えています。だから財源がどんどん足りなくなっているのが現状です。








【少子高齢化と賦課方式】










その上、わが国の年金制度が賦課方式をとっています。賦課方式とは、
現役世代がリタイア世代を支えるという仕組みで成り立っています。

つまり、あなたの給与から毎月支払っている社会保険料は、
将来の自分の為に使われるのではなく、
現在リタイアされている人に使われているといことです。


あなたがリタイアした時には、そのときに現役で働いている人がいくら
支払ってくれるか?これがあなたがもらえる年金額を決定する大きな
要因になるわけです。

現在、他の人より多く社会保険料を支払っているからといって、
他の人より多く貰えるとは思いますが、
じゃあ、生活に十分な年金が貰えるかどうかは、別の話です。

その不足分を補うために・・・

所得税・住民税の増税、消費税の増税、年金の減額、年金支給年齢の延長、医療費の負担割合のUP配偶者控除の廃止、特定扶養控除の排除、給与所得控除の減額・・・などなど


2つめは未納率の増加

現在の国民年金の未納率の現状は、以下のような感じです。













国民年金にいたっては、ほぼ50%が徴収できていない状況です。


なぜこんなことがおきるのか?


だって、サラリーマン・OLは100%払っています。
給与で天引きされていますからね。
しかし、それ以外の人は自分で国民年金を払っているからです。

中には、年金は払えるのに、もう国をあてにせず自分年金をしている
人もいるくらいです。一方、社会保険庁の取立ては甘く、督促状が送られ
てくるくらいで終わっています。

取立てにも経費が掛かるからです。でも、あなたのようなサラリーマン・OLは
100%払っているのにですよ。ちょっと腹が立ちますよね。

これまでのことをまとめてみると、


少子高齢化に、未納率の増加のダブルで

社会保障制度の財源が少なくなっている

わけです。



じゃあ、だれが不足している財源の補っているのか?


それは、あなたのようなサラリーマン・OLです。

税金の補足率を表すこんな言葉をしっていますか?


トウゴウサンピン=10割・5割・3割・1割

クロヨン=
9割・6割・4割


税金の補足率とは、要は税金ごまかせない率みたいなイメージです。
税に携わっている人なら、だれもが耳にしたことがある言葉です。

トウゴウサンピンは、サラリーマンは給与天引きだから税金が100%徴収
できるけれど、自営業者は50%、農家は30%政治家にいたっては10%と
徴収できる割合がどんどん少なくなってくるという意味です。

同じくクロヨンは、サラリーマン90%、自営業60%、農業40%という意味です。

まあ、サラリーマンは給与天引きだから税金はごまかせないのが当然ですよね。
サラリーマン以外の人は、自分で収入と経費を計算して確定申告を
していますから、経費次第で税金の徴収額が変わってくるわけです。












これを踏まえて、不足している財源をどうやって
集めるのが国にとって合理的でしょうか?



それは、簡単です。
世の中にわんさかいるサラリーマン・OLから社会保険料や税金を
徴収するのが合理的です。だって、100%天引きで確実に財源を
集めることができるわけですから。


仮に、自営業者の人から財源を集めようとしても、補足率が50%しかないわけ
ですから税収が確実に増える保障なんてありません。

だから、どんどんサラリーマン・OLに対する社会保険料負担額、
税金額が多くなるわけです。


まあ簡単に言うと、サラ金の利息が高いのと同じです。
サラ金の利息が高いのは、あなたに信用が無いからというのもありますが、
あなたが、夜逃げや破産申告をして返すことができない人のお金と利息を
払うから、利息が高いわけです。

これと同様に、少子高齢化による財源の不足分、未納による未回収分は、
すべて100%確実に徴収できるあなたのようなサラリーマン・OLにくる
構造になっています。

だから、あなたのようなサラリーマン・OLに対する

所得税・住民税の増税、消費税の増税、年金の減額、年金支給年齢の延長、医療費の負担割合のUP配偶者控除の廃止、特定扶養控除の排除、給与所得控除の減額・・・などなど














これは今まさに起こっている危機です。











あなたは、
このままサラリーマン・OLを続けて
税金の奴隷でい続けますか?





それとも、この方法を実践して、
豊かなセカンドライフに向けて
スタートしますか?








【商品内容】





サラリーマンにもあった!

あなたも未来を変えられる!

節税&資産形成実践マニュアル

  (本編211ページ+特典18ページ合計229ページ)

~サラリーマンを続けながら税金地獄から脱出する方法~


第1章 基本編

1.あなたに待っている天国と地獄の別れ道
2.15年後に年収の半分が税金に持っていかれる時代とは?
3.あなたの将来の年金っていくらもらえる?
4.そんな世界からの脱出の方法とは?


第2章 サラリーマンにもできる節税

1.これだけ押えれば簡単!節税のしくみ
2.たったこれだけやれば、年収400万で毎年24万円の節税術

第3章 副業のすすめ

1.月4万円稼げれば、3000万円の資産が形成できる副業のなぞ?
2.会社と円満関係で副業をする方法とは?
3.節税から見た副業とは?月売上1円は副業なの?
4.どうせやるなら国が認める副業をしよう。
5.副業初心者のサラリーマンが選ぶべき副業とは?

第4章 あなたの将来を支える公的金融機関

1.国の資本出資100%の公的金融機関の安全性とは
2.年60万円が3043万円になる、最高年利3.35%の秘密。
3.普通のサラリーマンがこの公的金融機関に加入する方法

第5章 実践編

1.税務署・公的金融機関の手続きと書類の書き方
2.1日3分でできる経費管理の方法
3.30分でできる簡単確定申告書の作成方法

第6章 Q&A




                         ※画像はイメージです。







後にサラリーマン元気化計画であなたに やっていただく内容を簡潔にお話します。マニュアルはそのための手順書とお考えください。
長々と書いてきましたが、あなたにやっていただく事はシンプルで実は全部でわずか3つです。
1、税務署に「開業届け」という用紙を1枚提出する(開業というと、仰々しいですが要するに副業の準備を始めましたよという意味合い程度のものです)
2、年度末の3月に確定申告書を税務署に提出する(我々のほうでサポートするサービスがありますので税務署に行って申告書を書いて提出するだけです)
3、全額国が元本保証し、かつ全額所得控除される公的金融機関である小規模企業共済という行政法人に申込書を提出する(用紙を提出するだけで加入できます)


どうですか?簡単でしょ?
たったそれだけの3つのことで、あなたの年収が1円も増えなくても、1円も節約しなくても、節税効果によって

詳細を見る


トラックバック
トラックバック URL
http://kybmoaku.blog72.fc2.com/tb.php/5356-1643c223
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。